Flex Controller 拡張アプリのダウンロード

Flex Controller 拡張アプリ(FCEA)は、視線入力で操作をしたい場合に使うアプリです。

視線入力をする場合には、Flex Controllerに加えていくつかの機材が必要になります(以下を参照)。

Flex Controller の商品ページはこちら

ご注意ください

  • ほかの視線入力ソフトとは併用できません
  • FCEAに対応する視線入力センサーをご使用ください

■必要機材およびソフト

※いずれもテクノツールでは販売していません。

1.Windows® PC

拡張アプリをインストールし、Flex Controllerを接続するPCです。以下の仕様を満たす必要があります。
PCゲームを視線入力でプレイする場合は、別途PCを用意する必要はありませんが、ゲームで使用するPCが以下の仕様を満たす必要があります。

  • Windows® 10 最新バージョン
  • USB端子
    Nintendo Switchの場合:3つ(うち1つはUSB 3.0以上であること)
    PCゲームの場合:3つ
    ※Flex Controller、視線入力センサー、HDMIビデオキャプチャーユニット(USB 3.0、Nintendo Switchの場合のみ)を接続します。

2.両端USBケーブル

Flex ControllerとPCを接続するために使います。設置環境に適した長さのものをご用意ください。USBプラグの形状は、Flex ControllerはAタイプ、PCはPCの仕様によって変わります。

3.視線入力センサー

以下のいずれかをご用意ください。

  • Tobii Eye Tracker 4C
  • Tobii アイトラッカー5

4.HDMIビデオキャプチャーユニット ※Nintendo Switchのみ

Nintendo Switchのプレイ画面をPCに映すためのユニットです。Nintendo SwitchのHDMIポートと、PCのUSB 3.0(以上)ポートに接続します。

5.キャプチャーソフト ※Nintendo Switchのみ

 お使いのHDMIビデオキャプチャーユニットが推奨するキャプチャーソフトをお使いください。 

■視線入力できること

1.パネルを見て操作

PCの画面上に表示されるパネルにボタンやスティックを割り当てて、パネルを見ると操作できます。見るとすぐに操作が有効になる、一定時間見ると有効になるなど、症状に応じて設定できます。パネルのサイズ、位置、色、透明度などは自由に変えられます。

2.スイッチ、まばたきを使ってタイミングを合わせる

パネルを見て、スイッチを押すか、まばたきをすることで操作をすることもできます。タイミングが重要なゲームに適しています。

 

■接続方法

FCEAで操作するためには、視線入力センサーを接続したWindows® PCに、キャプチャーユニットとソフトを使ってゲームの画面を映し、その上にFCEAで「パネル」を配置します。

眼球の動きをセンサーが検出し、パネルを見ると、そのパネルに割り当てた入力(Aボタン、ジョイスティックを右に動かす、など)が可能です。

1.本体上面にあるモードスイッチを使用するゲーム機に合わせる

モードスイッチの場所

2.本体背面にあるUSBプラグをゲーム機に接続する

ゲーム機へ接続

3.両端USBケーブル(別途ご用意ください)で本体背面にあるUSBポートとPCを接続する

両端USBケーブルで接続

4.その他の機材を接続する

視線入力センサー、HDMIビデオキャプチャーユニットをそれぞれ接続してください。

①Nintendo Switchの接続図

Nintendo Switchを視線入力でプレイするときの接続図

 

②PCゲームの接続図

PCゲームを視線入力でプレイするときの接続図

■ダウンロード

ファイル名:FCEA100_Inst.exe
ファイルサイズ:5.35 MB
update2020/10/01
対応OSWindows 10

【ご注意】

インストールの開始時に「使用許諾契約」確認画面が表示されます。よくお読みいただき、同意いただける場合のみインストールを行ってください。

■ユーザーマニュアル

ユーザーマニュアルはこちらからダウンロードできます。

FCEAのヘルプからも入手できます。

 

 

Flex Controller の商品ページはこちら

Flex controllerゲーム視線入力